そんこんなで どんなもんだ


by makitohigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「本当」について

ほんと
暇なバイトだぁ

暇つぶしまーす




思うに

たいがい「本当の」ってつくと
物事はメルヘンチックになるね

本当の愛
本当の優しさ
本当の学力

「本当の」
は正にマジックワードだと思う
妙に人を納得させる力がある一方
よくよく考えると
よくわからない
曖昧で論理性に欠ける

それは本当の愛じゃないよ
それは本当の優しさじゃない
それは本当の学力ではないね

そいで

本当の愛っていうのはね…

って続くわけだ

でもなんで一方が本当で他方が偽物なのか

この説明がない

まさか辞書で調べたわけではないだろう

一方的な愛だって
相思相愛だって
ねじまがった愛だって
みんな愛は愛のはずなのだが
そこに順位をつけたがる

これは本当の愛
これはまぁ許容範囲の愛
これはギリ愛
これは偽物の愛

なんてね

まぁ別に自分なりに順位をつける分には問題はないのだが
大抵、こういうとき人は他人に押し付けたがるものでして

困ったものである

君と僕の価値観がね
違うってことはごく自然なことなんだよ
ってのは
わかってるんだけど

わかっちゃいるんだけど
やっぱり自分の価値観を押し付けたい

それをシンボライズしてるのが
「本当の」って言葉

勝手に物事を普遍化しないでいただきたいものである

言うならだね

僕、私にとっての愛はね

という
相対化されたなかでの
あくまで主観的考察である前提を述べた上で
説明していただきたい

うん
でもやっぱり僕は押し付けたい
[PR]
by makitohigo | 2006-11-08 04:30 | いろいろおもうこと