そんこんなで どんなもんだ


by makitohigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アジアンタムブルー

アジアンタムブルーという映画がテレビでやってたので観た

自分でびっくりするくらい泣いてしまった
声が出るくらい泣いたのは、「疾走」を読んで以来だ

昔だったら、最初の10分で観るのやめてたような映画だったのに


ともあれ、阿部 寛みたいになりたい
まあ、無理だけど
せめて、もう少し、低い声ならよかったのにな
[PR]
by makitohigo | 2012-10-28 03:48 | 日記的なもの

人を叱るということ

この前、近くに座っている同僚が
電話越しに後輩に「失敗は誰でもするから、いいんだけど・・・」
と前置きをしながら、とうとうと叱っていた。

その内容を聞いていて、個人的には、その内容に「意図」が見出せず、
この人、優越感にひたりたいだけなのかな、なんて思ってしまった。


で、やっぱり難しいのは、人の叱り方だなって思う
あまり考えないと、どうしても自己満足になってしまう

あくまで「叱る」という行為は、相手の為及びみんなの為にすることであって
当然、自分の自己満足やストレス発散の為にやってはいけないし
それは、なんとなく相手や周りにも伝わってしまう

では、どういう場面で、どうやって叱ればいいのか
という事になると、そこに正解は見つからない
結局、自分の中に「哲学」なり「正義」なりを持って
その基準に従うほかないのではないかと思う。

そこにおいて、多少理不尽だったりしても
その軸さえぶれなければ
それなりに、納得感があるのではないかと思う

世間では、「マネジメント」とかなんとか言っているけど
結局は、この「軸」が大切であり、
その「軸」(つまりは自分の哲学なり正義なり)に、
誠意をもって、真摯に従う事が大切なんだと思う。

これは、人を「叱るとき」という限られた場面ではなく、
あらゆる決定、決断等においても、その本質なのではないかとすら思う。

まずは「こうあるべき」というものを(それが「正しい」という根拠がないとしても)
しっかりと持ち、そしてそれを大切にしたいと思うに至る。

よく、「自分に素直に」なんて言われるが
これは、自分の本能の赴くままに、ということではなく
自分の哲学、正義に対して素直になる、という意味で大切なことだと思う。
結局、そこさえしっかりしていれば、あらゆる問題の答えは自分の中に見出せるのではないだろうか。

翻って、私自身は、まだまだ未熟だと思う
もっと強固な哲学をもって、そしてそれに対してストイックでありたいと思う
[PR]
by makitohigo | 2012-10-27 02:34 | いろいろおもうこと

お金について

昔何故自分がブログを書いているのか
という事を考えて、ある仮説をたててみたことがある

正直、少々その仮説が一部正しかったという事が立証されつつある
すみません、全然更新してなくって
まあ、でも続けます
ちょっと頻度は落ちるかも


話は変わって
今、私はお金がほしい もっとお金がほしい
って思っている
正直なところを申し上げますと

今まで、手元にあるお金が自分の「分」というもので
だから、それ以上を求めることは「分不相応」というものだって思っていた
金の為に何かをするのではなく
何かをした結果としてお金という対価を得る
そう考えてきた

だから、出世するため、給料をあげる為に働くのではなく
自分がベストを尽くした結果として出世するかもしれないし
できないかもしれない それが「分」だって

まあ、ここらへんの考えは変わってはいないんだけど
でも、それを度外視して、お金がほしい と思ってしまっている
このロジックの矛盾を解決する為には
自分自身の「分」というものを、高めるしかない
ベストを尽くすだけではなく、その上を行かなければならない
って思うに至る

自分の「分」の中でどうこうというのは甘えなのかもしれない
もっと、打って出ようと思う
ありきたりだけど、自分の限界というのを越えたいと思う



 「左腕まっすぐ伸ばしてみな、坊や。
 そのままぐるっと一回転しろ。
 ・・・よし、今、お前の拳がひいた円の大きさが、
 大体お前っていう人間の大きさだ。
 言ってることがわかるか?坊や。
 その円の真ん中に居座って、手の届く範囲のものにだけ手を伸ばしてりゃ、
 お前は傷つかずに生きていける。
 そういう生き方、どう思う?」
 「ダセえ」
 「ボクシングとは何ぞや。
 その円を、己の拳で突き破って、外から何かを奪い取ってくる行為だ。
 外には強い奴がいっぱいいるぞ。
 そいつがお前の円の中に入り込んでくる。
 殴られりゃ痛えし、殴るのも痛いってことだ。
 それでもやるのか?円の中にいる方が安全だぞ?」
 「やる!」

 映画 「GO」 より
[PR]
by makitohigo | 2012-10-21 00:54 | いろいろおもうこと