そんこんなで どんなもんだ


by makitohigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長文

みるみる貯まる借金と、永遠に続くとも思える不景気によって
夢もなく、若者は金を使わずに貯金ばかりすると、老人達がいきりたつが、
しかして、生まれてこのかた不景気しか知らない若者が散財できる筈もなく、
ある意味では、草食男子と揶揄されようと、我が道をゆく若者は強い存在なのではないか
と考えながらも、そんな中で、若者であるにも関わらず、どうしても金を使ってしまう私は、
果たして、若者なのであろうかなどとつまらない事を考えながら、
ビールを飲み、煙草を吸い、まったくもって近頃の若者のトレンドに
逆らっていることは知っている。

知ってはいるが、それでは私はおっさんなのかと問われれば、
そのおっさんを日々批判している私は自己矛盾に満ちているのだが
そうであって、自分達の作った借金を棚にあげて
自分達が作ったゆとり教育を棚にあげて
おめでたい事を宣っている尊敬すべき老害の方々に対しては
明確な対立意識があるので、やはりおっさんではないのではないか
などと考えている。

中学校くらいから思っていることだが、私は戦国時代にでも生まれれば
それなりに功を立てられたのかもしれないが、現代においては
まったくもって時代錯誤の存在であるのか、
それとも、むしろ逆に、新しすぎて、ニューヒューマン・ビーイングとして
現代のこのよく分からない世界に馴染めていないのではないかと思いつつも
しかして、馴染めていないのは、ほんの一面だけであって、
それ以外については、かなり馴染めてしまっている自分に気がつく。

正直に申し上げて、世の中的に言われている「草食」という生き物は
私からしてみれば、確実に獰猛な狼でしかなく
本来的な「草食」というのは、まったく肉を食らわないのであるから
その意味では、彼らはエセであり、むしろ草食の仮面を被った
狡猾な肉食獣なのではないかと考えながらも
それを声を大にして言えば言うほど虚しさが積もるものである。

そうこうするうちに、お気に入りのアニメが始まったので
このくだらない文章も打ち止めにしようと思っているが、
ここまで書いて、読んで頂いた諸君には、やはり伝えるべきことがあって
それは、私はまたしてもやらかしてしまったということと、
こればっかりは仕方がないと思いつつも
なんだかんだで後悔してしまっている自分もいることが
なんとも自己矛盾に満ちているのだが
後悔は先に立つものではなく、また正直に申し上げると
後悔はしても反省はしていないので、
おそらく今後も同じことを繰り返すだろう、と言うことだけは記しておく。

まあ、単に一文で長い文章を書くと
それなりに小気味いい感じになるんだなって思ったから
試しに書いてみただけなんだけれども
書いてみて、読み返してみて、まあそうでもないな
むしろ読みづらいな、と思った次第です。
[PR]
by makitohigo | 2012-05-10 00:40 | いろいろおもうこと

現時点での総評

今回の件に関して言うと
多くの人に感謝をしなければならないと思っている
まあ、直接感謝の言葉を述べるなんてことはしなけどね


びっくりする自分に出会えて、光栄です

なんだかんだで、いざとなればなんとかなるだろ
なんて思ってた私は甘かった
多分、誰もが、早ければ中学生、遅くとも高校生か大学の初期段階で歩んだ道を
私は今更、歩いてしまっているんだと思う
こんなにも難しいものなのかと、日々頭を抱えている
たまに、逃げたくなる

なんだかんだで、人生ってのも
ゲームのステータス上げに近くって
重きをおいたものは成長するし
ないがしろにしたステータスはやっぱり上がらないんだ
ってのを実感している

後出しみたいであれだけど
高校3年のとき「ニューシネマ・パラダイス」って映画をみて
間違った決心をしてしまった
人がもっともコストをかける物事を犠牲にすれば
なんかでっかい事ができるんじゃないかって思った

結論として分かったのは、私はそんなに器の大きい人間ではなかったということ

別にネガティブになっているわけじゃない
本当に、一つの結論というか答えが出たっていうこと



この歳になって、周りの誰もがレベル30とか40くらいになっている中
まだレベル5くらいの自分に対して
粘り強く向きあってくれた人には、本当に感謝する他ない

そして一方で、自分の情けなさを思う
ちょっと得意な分野で、得意顔になって
不得意な人に対して、向きあおうともしなかったのは、本当に猛省するべきだと思う

なんていうか、出し抜いたと思ってたら
その実、完全に間違った道を歩んでしまってたっていうか
やっぱり、慣習にはそれなりの根拠があって
それに乗っかるのが最善の道なんだな
って思います 
いや皮肉とかじゃなくって 本当にそう思う

今更、どうしようもないのかもしれなけど
できるだけ努力はしたいと思っている



多分ね、デフォルトでレベル20くらいあるイタリア人くらいじゃないと
この生き方には無茶があったんだよ
くっそ、イタリア映画にはめられた
[PR]
by makitohigo | 2012-05-02 02:21 | 「生きる」ということ