そんこんなで どんなもんだ


by makitohigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

時間の解決性

「時間が解決してくれる」

これはいささか比喩的すぎる表現である
時間は何も解決してはくれない
時間にはそのような主体性はない
時間は流れるだけであり
それは、あくまで一定であくまで公平だ

結局のところ自分の問題は自分で解決するしかないんだ
時間に責任を押し付けてはいけないんだ

時間が経てば傷も癒える
だけど
傷を癒してるのは時間ではない
傷を癒してるのはあくまで自分自身の体なんだ

時間が経てば忘れられる
だけど
記憶を消去してくれるのは時間ではない
自分の記憶能力なんだ

時間はあくまで一定で、あくまで公平だ

だから

「時間が解決してくれる」
という表現は
いささか比喩的すぎると僕は思う
[PR]
by makitohigo | 2006-05-28 00:24 | 時間の話

時間

「人生をリセットできるボタンがあったら、押す?」

「俺なんか連射しちゃうね」


古谷さんでした

たしか「僕といっしょ」の一節


おれはいいやあ
めんどくさいもん
もう一回人生やり直すとか



時間を取り戻したいとは
誰しもがよく考えるものでして

とある過去をおもいだすだけで
「うわあああ、もうううう」なんて思うこともあるわけでして

誰だってそんな過去を多かれ少なかれ
抱えて生きてるわけで

でも、時間は決して取り戻せない
残念ながらね

なんでだろ 考えてみた

結論
時間が遡るには
世界は複雑すぎる

時間が単線的に動いて
こんなめんどくさい世界だ

これで、誰もが好き勝手に時間を動かしだしたらさ
ひどい世界になっちまうってもんだ

神さんも考えたもんだね
[PR]
by makitohigo | 2006-05-27 05:06 | 時間の話

4年目

自販機に100円玉ひとつ10円玉ひとつをつっこむ

いくらこの自販機につっこんだろうか

きゃぴきゃぴしてたころを思い出してしまった
夜中、男女で自販機の前で盛り上がった頃
ここに来れば誰かしらには会えた

今は

顔も知らない1,2年生がきゃぴきゃぴしてるのを横目に
「知らない部外者」として無言でコーヒーを買う


ふぅ

たばこに火をつける

何本のたばこをここで吸っただろうか


どうやら 歳をとってるようだね

「4年生」

別に、下級生と比べて精神的に大人だとは思わない
別に彼らと比べて特別若くないとも思わない

まだ、俺は若い

でも
あいつらは愛だの恋だの
三角関係とかそうゆうので悩んだり
ささいな会話にも下心を隠してたりして
日々をドキドキしながら過ごしてるんだろうな

って思うと

妙に老けたように感じる


なんだかねえ つまらんねえ


しかたねえ

後輩のために
エビでもやくかな
[PR]
by makitohigo | 2006-05-25 02:48 | 日記的なもの

今日という日の記録

今日

朝電話で目が覚める

そうだ
今朝はバスケをする約束してたんだ

体育館に急ぐ

さわやかなスポーツタイム

帰ってテレビをつける
くだらない

テレビを消す

本を開く

村上春樹の「ダンスダンスダンス」

読んでるうちに寝る


起きる

本を開く

また寝る

起きる

本を開く

また寝る

幾度か繰り返して

午後7時

サークルいかなくちゃ

でも雨すごいし
雷やばいし


本を開く


寝る


起きる


テレビをつける
くだらない

でも見る


雨がやむ

パソコン室まで散歩

たか○とに会う

一緒に飯食いにいく
もう23時 飲み屋しかない

軽く飲む


そして今


ふぅ


さて

なんの為に休学してるんだっけ?
[PR]
by makitohigo | 2006-05-25 01:10 | 日記的なもの

まっする

この道をゆけばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一歩が道となり
その一歩が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ

ありがとおおおおお

いくぞぉっ!!







まっする


元気があればなんでもできる


うし


なんか
力一杯体を動かしたら

元気が出てきたぜ
[PR]
by makitohigo | 2006-05-22 16:53 | 日記的なもの

太陽とシスコムーン

太陽がね
知らないうちに
まわりやがるんだ

勝手に

ちっきしょう

お前がまわると
時間も流れ出して

いろんなもんが
どっかいっちまうじゃねえか

ったく
[PR]
by makitohigo | 2006-05-20 20:20 | 時間の話

宝なのか地雷なのか

ある人がいいました


「人生は宝探しだ」


ひごくんには地雷除去作業にしか感じられないのだが
これはどういうわけだ?



いつ爆発するかわからんから
掘ることすらやめちまったんだが

これはどういうわけだ?



答えは風のなか~

ってか
[PR]
by makitohigo | 2006-05-18 08:33 | 「生きる」ということ

みる

前をみなさい

後ろをみなさい

下をみなさい

上をみなさい

左をみなさい

右をみなさい

中をみなさい

外をみなさい

周りをみなさい

自分をみなさい



ふう



で?




あはっ
[PR]
by makitohigo | 2006-05-16 02:44 | 「生きる」ということ

母の日

明日は母の日だった

すっかり忘れてた。。。

ってか

ここ何年か、かあちゃん、とうちゃんの誕生日にすらなんもしてねえ

なんつう ひどい人間だろうか

物理的距離が離れると
心も離れていくっていう
悪い習性があるひごくん

絶対に遠恋とか無理だね

ん?

それ以前の問題って声が聞こえるぞい

いや 聞こえない 聞こえない


おい!うるせええぞ!!
ちっげええよ
前々から書いてんだろ!
できねえんじゃねえ
してねええんだよ!

こんちきしょう




最近、こういう強がりばっか書いて
なんだか寂しい人間みたいじゃねえか


いやいやいやいや
おれは至ってハッピーだぜ
「ハッピーひご」って呼んでくれてもいいくらいだ

いやさ
なんかMixiと差別化はかるために
暗めの話を展開しようとしてたらさ
なんか寂しい人間大放出!みたいなね

読み返していいかげん気持ち悪くなっちったぜ


間違ってもらっては困る
オレはハッピーだぜ
至ってハッピーだ

あれ

なんか、また強がりかいてるみたいじゃない
あたい

いやだいやだ

これだから年はとりたくないわね




ふう
話がだいぶ飛んだな


もどすと

母の日だね

親孝行はいまのうちらしいぜ
したいと思ったときにはできないとは
よく言ったもんでして

困った困った
くまった

最近、しかとばっかしてたら

半べその留守電はいってたしね

あれじゃん?
おれ、元甘えん坊なマザコンじゃん?
(キモイっていうな!)

それが、こんだけしかと決め込んだら
そりゃ あんた 泣きたくもなるわなあ

ひでえ息子だ実際

うんうん

ふう

これだけいいたかった

みんな
親を大切に☆
[PR]
by makitohigo | 2006-05-13 05:18 | 日記的なもの

ぷんぷんなひごくん

世の中には
まだまだ
いろんな人がいるのね

と、感じる今日このごろ

どうも、ひごです


まじ、最近
びっくり人間に遭遇する頻度が高いです

といっても、初めて会った とかじゃなくって
前々から知ってたんだけど
最近、その人の深さを知ったというか
奥をみたというか
知らなかった一面を発見したとか

いろんな表現がありますが
そんな感じで




他人ならまだしも
自分のびっくり人間っぷりにびつくりすることもあります

余裕なくなって
ぷっつんしてる自分とか
まじ、ひさびさに出会ったわ

「あ、どうも ごぶさたしておりました」
ばりに出てくるからね

あいつはもう消えたとばっかり思ってたのに
いたね

潜んでやがったね

そして出てきやがったね
ここぞとばかりに


別におれ 多重人格とかじゃないからね

安心して




でも
みんなあんま知らないんだろーねー


プンプンなひごくんとか


余裕なくなって不機嫌なひごくんなら
けっこう知ってる人いると思うけど

まじ
プンプンだからね

びつくりだよ 実際


あー
こわい こわい


この面でぷんぷん だもんなー

もう ほぼ犯罪

恐喝罪だね

こわいこわい


やっぱ
こんな人間は
ひとりで生きていくべきだと
強く思ったのでした
[PR]
by makitohigo | 2006-05-11 06:54 | 日記的なもの