そんこんなで どんなもんだ


by makitohigo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Mixi上場 ~新しい世界~

Mixiが上場した
もちろん買い殺到

Mixiというのは今のネット社会を象徴しているものだと思う
サイバー・ソサエティーとでもいおうか

Mixi上では人があつまり、コミュニケーションをとる
様々なコミュニティーが形成される
このような現象をみると
インターネット上にもう一つの社会ができつつあるのではないかと思ってしまう

いまはまだコミュニティー(共同体)というものだが
これがソサエティー(社会)となるのは時間の問題なのではないだろうか
そう思えて仕方が無い

それほど、特殊な空間が形成されているのだ


今まではHPがあり、そこに興味がある人間が参加する
または、ブログがあり、そこに興味がある人間が閲覧、コメントをする
というのがインターネットの主流だったように感じる

Mixiをはじめとするソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)でも
要はおなじようなことをしているように感じられるかもしれない

ではSNSにおける「新しさ」とはどこにあるのか
考えるに、「枠」と「場所」をつくったところにあるのではないだろうか
すなわち、いままでのネットの特徴を体系化した ということだ

HP、ブログ(日記)というコンテンツを一体化させ
ネットの特徴的な部分を抽出してSNSに押し込んだ

HPを作るという、少々「重い」作業を 
HPを体系化したものにあてはめるだけ
という簡略化された作業によって
自分のスペースを作るという作業を「軽い」ものにした
その個人スペース同士を有機的につなげることによってコミュニティーを作る

まさに、ネット上で行われていることを圧縮して押し込んだ形である
この簡略化によって、ネットの複雑は社会構造は簡略化され
より身近なものとなった



この過程をみるに
ネット上にもう一つの「社会」というものが形成されつつあるように感じられてならない
もし、本当に社会が形成されれば これはまさに革命だ

革命とはなにか
産業革命がなぜ「革命」とされるのか
別に画期的な発明がなされたから「革命」ではない
どんなに画期的な発明がなされても「社会が変質」しなければ 単なる発明でしかない

革命とは「社会が変質」したときにおこるのである
社会こそが我々の生活の基盤であり、価値観の基盤である

であるからに、社会が変質したとき全てが変質する

歴史的にみて社会構造がDrasticに変質したことはそれほど数多くは無い
もし、今社会構造がインターネットによって変質しようとしているのならば
いままさに革命がおきているとするこができるだろう

往々にして森の中ではその広さを知ることはできないものである

何百年か後にもしかしたら 今 が産業革命と並んで語られる日が来るのかもしれない
[PR]
by makitohigo | 2006-09-16 06:47 | 社会とか政治とか経済について